スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

鬼に遭うてはなんとやら

 2011-06-28
一ヶ月ぶり、ほぼネタ切れの中更新でございまーす。今回はニトロプラスより発売された装甲悪鬼村正のレビューっぽいなんかを書いてみようかと。

なんというかまあ、いきなり前の記事と同じ内容でアレなんですけど暗い部分がわりと多いですね。主人公が暗闇星人だったり善悪相殺の呪いがあったりだから仕方ないのですが。
でも日常(?)パートはそれなりには明るい感じ。一条さんがキレてたり香奈枝さんが一人で勝手に盛り上がってたり。あとは善悪相殺の「善」の人も明るくて(ry
それぞれ個性的なキャラに譲れない信念があり、手を組んだり衝突したり救われたり救われなかったり生きたり殺したり殺されたりを経て、最終的には・・・遊んでからのお楽しみ。

あとはこのゲームでの目玉に劒冑がありますね。飛行能力を始めとして装着者=仕手に超人的な力を授ける鎧。
大きく二つに分類すると「古代の製法で作られ、鍛冶師一人につき一作。それ故に流派や個人の特色が良く出ていて、さらに陰義と呼ばれる特殊能力を持つ、真打劒冑」。
「新たな技術によって鍛冶師を消費せずに作られ、弱体化を代償に量産化が可能となった数打劒冑」。
作中の時代では数打が主流ですが、それも「いかにも量産機!」って感じでかっこいい。もちろん真打も手の込んだ意匠からモチーフとなる独立形態、そして磁力操作を始めとする陰義を持つワンオフ機。
そんな劒冑が空で剣を交えています。燃える萌える!

と、そんな感じの感想を。ダークな話が多いので苦手な人はとことん苦手かもしれませんが、耐えられる人にはお勧めします。僕はとても楽しませてもらいました!
もっと色々書けるのですが、ネタバレになってしまうので追記に書きましょー。ネタバレ上等な人やプレイし終わった人で読んでいただける方は追記へ。それ以外の人はまたの更新でお会いしましょう!

装甲悪鬼村正 限定生産版装甲悪鬼村正 限定生産版
(2009/10/30)
Windows

商品詳細を見る

鬼に遭うてはなんとやら の続き、読みます?

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。