スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

原始の記憶、翠の○○

 2011-11-27
どうもこんにちは案内屋見習いです。今日はダークソウルに押されながらもなんとか終わった翠の海の感想なんかを。ちなみにタイトルは初代アーマード・コアのキャッチコピー「原始の記憶、鋼の監獄」より。


ストーリーとしては「記憶を失った主人公が目覚めたら森の中っぽいところにいて、同じく記憶を失った人と一緒に屋敷で暮らす。楽しく暮らしていたものの、ある日突然一人がいなくなる。そして・・・」といった感じです。キャラ紹介とあわせて公式サイトを読んでください。

簡単に言えば面白かったです。期待していた双子や伏兵だった沙羅が可愛かったり知紗の胸が大きかったり紡がルート途中から色々と○○だったり。ただ、根本の設定がもうちょっとシリアス欲しかったなー・・・と。
あらすじに「一人の少年が消え」とあったので住人同士で疑心暗鬼があるのかなーと思えば、「そんな人いなかったでしょ?」で済まされたり。まあ、仮に疑心暗鬼になっていれば色々な部分を変えないといけないので別なゲームになってしまうのでしょうが・・・。
とにかく、そっち方面を少々求めていたので拍子抜けする場面はいくらかありました。でもまあシリアスを越えて欝な要素をとても強く望んでいる訳ではないのなら楽しめるのではないかと。
絵も綺麗でよかったと思います。森の中の屋敷という設定ですから、色々と映えますね。ああ、立ち絵でみちると優希の性別が逆に見える部分はあったかな。

以下ネタバレを含みますのでご注意を。

翠の海 -midori no umi-翠の海 -midori no umi-
(2011/10/28)
Windows

商品詳細を見る

原始の記憶、翠の○○ の続き、読みます?

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。