スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

これは藤井蓮の物語ではない。停滞を渇望する者は無用である。

 2012-02-15
はい。新年一発目の更新が2月な上に、主人公の否定から始まりました。案内屋見習いです。
今回はlightから発売されたDies iraeの完全版、「Dies irae~Acta est Fabula~」の感想を書いていこうと思います。あ、ちなみに怒りの日騒動や完全版までの道のり等については触れないでおきます。知らない方はウィキペディアなりなんなりで調べてください。


さて、この作品を語る上で一番外せないのが「燃え」とか「厨二」とかそんな単語でしょうか。「ナチス」「聖遺物」「著名な創作物からの引用」「果てしないインフレバトル」等々。なんというか一言で表すなら「企業と言うバックアップを得たリアル厨二病患者が書いた作品」でしたね。僕なら黒歴史として焼却処分しそうな勢いです。はっきり言って時々痛々しいと思いました。デモンベインも魔術にコズミック・ホラー、ロボとインフレバトルとありましたが、痛々しさならこっちの方が上です。よく作品として世に出す気になりしたね(褒め言葉)

シナリオに関しましては、香純と螢にマリィと先輩。この四つのルートがあってこその作品で、グランドルートの先輩はおろか「え?これだけ?」となった香純ルートまで、どれが欠けてもキャラの魅力や作品としての質?がだいぶ落ちていたんだろうなーと思いました。
私はシナリオライターの方がお勧めした(と聞いた)香純→螢→マリィ→先輩の順でやったのですが、少しずつ謎が解けていって、今までやったルートも「ああ、あそこで説明された事に加えてこういうものもあったのか」と思う事が何度もありました。
時間かけすぎて未だに消化し切れていない部分もあったりするのですが、もう一度香純ルートからやっていけばまた違った感想を持てるんだろうと思います。時間がかかりすぎるのでやりませんが・・・。
ただ、なんというか必要以上に感じる葛藤やシリアスシーンが多くて、せっかくテンポ良く燃えていたのに失速して気持ちが冷めてしまった部分もいくつか・・・。あとはもうちょっとギャグが欲しかったかなーと。生真面目一辺倒の優等生が多いですねというかなんとうか。
僕との相性の問題なのかもしれませんが、そういう部分があって僕の中でデモンベインや村正は越えられなかったかな・・・と。あとは確かに完全版以外じゃ「は?」となるような内容でした。逆に言えば完全版になって補完や謎解きがされて一つの大作として機能したと思いますが、香純とマリィルートだけなら訳わかんねーよ見放されても仕方ないんじゃないのっていう・・・。あ、完全版に関しての感想でしたね。すみません。
ただ、その葛藤やシリアスシーンも無ければ無かったで不満だったかもしれません。「こいつはこんな状況でも悩まないのか」とか「ここでハイテンションはおかしいだろう」と言う。そう考えてみれば自然なものだったのかもしれません。相性って大事ですねー。
なんか長くなりましたが、短くまとめれば「「完全版」の名前のとおり、きちんと幕を下ろしてくれた」ですかね。断片だったものが最後には一つにまとまって、とても面白かったです。

既に疲れてきましたがお次はキャラについて。
メインキャラ以外が光る作品ですね。作品において魅力的な敵キャラというのは大事なものだと思いますが、その魅力的なキャラの多い事多い事!
終わってから僕の中でキャラの順位付けをしてみれば、メインキャラはだいぶ下の方ですよ。しかも男性向け美少女ゲームなはずなのにトップ3はみんな男性という。女性もしっかり活躍しますけどね。彼らの渇望からその果てまで、よければプレイしてご覧ください。一級品の役者達が待っております。
そしてメインキャラ。こちらに関してましては・・・あー・・・うん、よかったですね。
もうなんというか完全にその他のキャラに食われています。メインが端役です。この感想どうしましょう。でも素直な気持ちなのでこのままで。一応弁解しておきますと、主人公とヒロインも負けずにしっかり輝いています。ただ、メインではないが故に輝くキャラが多いと言いますかこう・・・なんと言いますか行動や設定の自由度?とかまあ色々あるキャラがたくさん・・・。理解してくれるとありがたいです。

さて、この作品を始めたのは12月の初めくらいでしょうか。
「今月クリスマスだし、大機関BOXまでに12月が舞台のゲームを一本やろう」という考えの下、天使のいない12月などを押しのけて何故かこれに決まりました。クリスマスどころかバレンタインまでかかった上に、今振り返ってみるとクリスマスの要素とかほとんどありませんでしたね。面白かったけど選択ミスだったかもしれません・・・。ですが面白かったならそれでいいじゃない。さあ、未知の結末を見ましょう。
毎度の如く、ここから先はネタバレゾーンです。未プレイの方は回れ右を。ではまた次回の更新でお会いしましょう。

Dies irae ~Acta est Fabula~ 通常版Dies irae ~Acta est Fabula~ 通常版
(2009/12/25)
Windows

商品詳細を見る

これは藤井蓮の物語ではない。停滞を渇望する者は無用である。 の続き、読みます?

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。