スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

二つのペルソナ、一つの悪夢

 2012-04-13
今回は巷で話題の「這いよれ!ニャル子さん」という、ライトノベル原作のクトゥルーを冒涜してる的なアニメについての話題です。尚、ここで言う「クトゥルー」とは便宜上この系統全体を指しているだけであり、クトゥルー本体(本人?)の事ではありません。ちなみに記事タイトルは「ARMORED CORE MASTER OF AREANA」のキャッチコピーより。

あくまで私個人の主観になってしまうのですが、結論からバッサリ言ってしまうと認められません。いつだったか、店で見たときに気になって読んでみた事があったんですよ。てきとーに開いて数ページ読んで「( ゚д゚)」状態になりました。
読む前は「ナイアルラトホテップ?ほうほう、デモンベインなどで邪神邪神やりまくってたし、Black Cycのク・リトル・リトルでも(タイトルからしてそうだけど)ラヴクラフトとかダーレスとか、名前だけ色々と使われてたやつの新しい版かー。」→読み始め「萌…え…?えっちょっと。コズミック・ホラーどこいったの。」→読んでみて「あぁぁぁん?これのどこがクトゥルーだおいいいい!」
と、そんな感じで。

クトゥルーに関しましては以前にこんな記事を書いたので省略しますが、私の中の前提としましては夢の国(原作でも、さほど狂気が描かれなかった異色のシリーズ)などの一部を除いていわゆる「コズミック・ホラー」なのです。ホラーです。特にナイアルラトホテップなんて言ったら、人間に核兵器を与えたり時計人間として現われたり自滅に導こうとしたり、人間を弄ぶ事にかけては一級品の存在です。それが「恋をしたと押しかけ」「人間を守る」。ああ、なんだこれは…。ネフレン=カの予言にこんなものがあったの?教えて!

まあ、「君の好きなデモンベインや沙耶の唄、ライアーソフトのスチームパンクシリーズも似たようなもんじゃないの」と言われるのはわかっておりますし、もっともではあります。
本職の方からしてみればどれも「要素を取り入れた作品」としてさしての違いは無いのかもしれませんし。ですがニトロプラスの二作は邪神邪神していたり世界を侵す恋狂気を描いていますし、スチームパンクシリーズは夢の国を素体としています。ですがニャル子さんは何故かナイアルラトホテップやクトゥグアがただの宇宙人(しかも警察的な存在)になっていたり夜鬼やシャンタクがギャグとして使われたり…。わけがわからないよ。完全に「そういうもの」として扱ってしまっているように見受けられますし、ツイッターのタイムラインでは既にギャグキャラとして定着してしまっている場面が多々存在します。
一応アマゾンでラヴクラフト全集1がランキングで急上昇しているそうですが、「あなたたちはちゃんと読むんですか?ナイアルラトホテップが収録されている5巻まで、ニャル子さんとは全く違った作品を読み続けられるんですか?」という…。

まあそんな感じです。私が自分の中での線引きができていないのは確かですし、熱くなってしまっているのも事実ですが…。そこについては申し訳ありません。弁解の余地もありません。ですが、どうかこれを読んでくださる方にはこういう考えの人がいる、という事も理解していただけると嬉しいです。そしてクトゥルー原作に関する興味を持っていただけたら嬉しいです。

ラヴクラフト全集〈5〉 (創元推理文庫)ラヴクラフト全集〈5〉 (創元推理文庫)
(1987/07/10)
H.P. ラヴクラフト

商品詳細を見る

二つのペルソナ、一つの悪夢 の続き、読みます?

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。