スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

盟約の時、未知の世界を見る

 2012-05-20
しょうねんー・・・じだいのー・・・そらー・・・。どうも。昔とはだいぶ変わってしまった案内屋見習いです。今回はライアーソフトより大機関BOX収録の「蒼天のセレナリア~What a beautiful world~ Full voice ReBORN」の感想を書いていこうと思います。色の変更で見にくいところもあるのですが、せっかくなので色をつけたかったのです。お手数をおかけしますがドラッグして反転してください。ちなみに記事タイトルは「Dies irae ~Acta est Fabula~」のキャッチコピーの改変です。

この作品は、桜井光さん執筆の「蒼天のセレナリアファンディスク」「赫炎のインガノック」「漆黒のシャルノス」「白光のヴァルーシア」「紫影のソナーニル」と合わせて(ライターさんのサークルもあわせれば「瞬旭のティルヒア」および発売予定の「無色のウルタール」もですが)と同じ世界で展開される、スチームパンクシリーズと呼ばれる作品群の一つにして始まりですね。そのわりには、他に比べて知名度が低いような気がしますが。
ちなみに私はまだインガノック(パートボイスの方)と今回のセレナリアしかやっていません。いつか全てやるつもりではありますが。

さて、セレナリアの内容に移りましょう。この作品は基本的に王道の冒険活劇となっております。飛空挺乗りである主人公コニーと相棒シェラ(あとマウマウ)が、「世界の果て」と呼ばれる世界の水殻を超えて未知の世界を冒険するお話。
現地人(ほぼみんな優しい)と交流したり、自分達を追ってきた帝国軍戦ったり(バトルと言うほどのものではありませんが)、同じ世界から来た青年とつかず離れずの行動をしたりと。久々にこういう作品をやった気がしますが、やはり良いですね。ナチス残党のような存在が相手でもなく、小難しい理屈をこねて戦うわけでもなく、まさに「冒険」という物語となっており爽快でした。《蒸気王》かっこいい。あとはシリーズ全作のタイトル(カタカナ部分)からしてそうなのですが、クトゥルー要素が各所にあってニヤリとする場面が多々ありました。

惜しむらくは、インガノックと同じく各章限定のキャラが多かった事でしょうか。冒険と言うからには様々な場所を訪れて出会いと別れがあるのは仕方ないと言えばそうなのですが、前半は核心に関わらないキャラがメインになっており、なかなか本題に入らないのです。
あとは冒険している世界があまりにも平和すぎる事。盗賊のような人もいるにはいるのですが、強大な敵は帝国ばかりで、この世界独自の障害が少なすぎる気が。
それとアクションパートが面倒だった事と、システム面でしょうか。2006年発売とはいえ、フルボイスで復活したのに最小化も無いのかよ、と。フルボイス版インガノックのシステムは少々進化しているのですが、逆に言えば同じ復刻作品でもシステムがバラバラ。リニューアルにあたって最新作のシステムに統一して欲しかったです。ソナーニルをやっていないので、今のシステムがどうなっているのかはわからないのですが・・・。


とまあ、ざっとこんな感じでしょうか。なんだかんだで面白かったです。明るい冒険がお好きな方は是非。ではまた。お次は恐らく赫炎のインガノックですかね。既に懐かしみつつ進めてはいるのですが。以降はネタバレゾーン。

蒼天のセレナリアFull voice ReBORN蒼天のセレナリアFull voice ReBORN
(2011/12/22)
Windows

商品詳細を見る
この作品・・・というかシリーズ、割と本気で考察しようと思えばそれなりに話す内容はありますね。コニーやシェラの血縁についてやバイロンとの関係。皇帝騎のその後にヒュブリスや《緑色秘本》関係。他にも色々。なので、ここでは主にメイン二人の血縁について考えてみようかと。
ちなみに判断材料は本編及白光のヴァルーシア公式サイトの用語解説です。セレナリア ザ・ガイドも資料として使いたいのですが、まだ手に入れていない状況でして。他作品にも相互関係があったりするのですが、これとインガノックしかやっていないので一作目という事で今回はできる限りセレナリアだけに留めて。今後、何かあれば追加なり新たな記事を書くなりしていこうかと思います。


・コニーの血縁について
終盤までのコニーは「孤児の時にシェラと会って孤児院に入り、今に至る」と思っていました。しかし何度かCGで出ているように、バイロンによって大数式に取り込まれかけていた過去が明らかに。となると「彼女は何故そこ(帝都?)にいたのか」「誰かバイロンに関わった人物の血縁なのか」という謎が浮上します。
これには《蒸気王》が二度目の死の直前、カルベルティに対し「コニーに全てを託す」「我が娘の系譜を頼む」と言った事、および《探索姫》ローラ・ネーデルマンが未知世界に旅立つ直前に「娘がいる」と言った事からこの二人の子孫の可能性があるかと思います。ザ・ファースト到来が北央歴2125年(ローラ15歳)でありセレナリアの舞台が北央暦2205年。この間は丁度80年であり、それならばコニーは彼らの孫にあたるのでしょうか。確かに十碩学・・・特にローラの血縁であれば、バイロンが手を伸ばすのにもうなずけるかと思います。
しかし、これに矛盾するかもしれない記述もあります。本筋に関係ないとはいえインガノックのネタバレになってしまうのですが・・・。インガノックにおいて、とある人物が「大空を飛び回る我が娘」と発言しているのです。ですがこの時代には飛空挺がたくさんあり、また仮に作中の人物であってもシェラであるのかもしれません。ただ、少々理由があってその線は低いかと。ネタバレになるので言いにくい事ではあるのですが。どちらにせよ確固たる証拠が無い状況ですので、答えでないかと思います。

・シェラ(シェーラ・ロム)及びゼーズロム(ジェライラ・ロム)の血縁であるロム家の家系について
これについては、作中で言われたようにエリール=エリル・ロムの弟が世界の水殻を越えてあの水の都から旅してきたと思われます。どうやって、という謎は残りますが・・・。知ってのとおり世界の水殻は雷雨でまともに越えられませんし、帝国軍のように虹の道を使おうにも超高空を安定して旅する術がシュプララプセールにあったのでしょうか。まあ、ヒュブリスなどを見てしまえば「方法はあった」と言えるかもしれないのですが。実際にヤーロは帝都から秘本を奪取しましたし、帝国領にもプセールは住んでいますしね。ネタバレになる可能性があるので詳しくは言えませんが、ヴァルーシア公式サイトの用語集にもこれに関係するかもしれない説がありますし。


とりあえず二人の血縁についてはこんな感じでしょうか。血縁に関しても他の内容に関してもに少々考察できる部分があったりするのですが、他作品を巻き込んでしまいますので・・・。作中で気になった部分の記録はつけてあるので、いつかまとめて考察してみたいですね。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://liberregis.blog119.fc2.com/tb.php/33-8f926153

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。