スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

たいせつな人に遺したいメモリーはありますか?

 2013-05-15
今回はヴァルーシアと同じくライアーソフトさんよりスチームパンクシリーズ5作目「紫影のソナーニル -What a beautiful memories-」の感想を。記事タイトルは、ALcotシトラスより「死神の接吻は別離の味」キャッチコピーである「たいせつな人に遺したいものはありますか?」。
ちなみに初めてこのブログを見てくださった方がいた時のために今後も毎回書いていくつもりですが、このシリーズは同じ世界観を共有していても作品として独立しております。ですので用語や小ネタなどを含む完璧な理解を試みないのであれば、どこから始めても構わないと思います。ヴァルーシアと書籍作品から入るのはあまりお勧めしませんが。全てを理解したいという方はセレナリアから発売順にやりましょう。それでも会報やファンブック限定の情報もありますが…。


世界観は今までと同じくカダスたる異邦との交流によって蒸気機関技術が異常発達し、空も海も灰色に染まった世界。舞台は1907年の西享(地球)、合衆国(このシリーズではアメリカと呼ばない)の「旧」重機関都市ニューヨーク
かつては世界最大級の都市として人々で賑わい排煙を撒き散らしていたニューヨークですが、1902年に「何か」があってその地にいた300万人全員が一夜にして消失する大事件が発生。政府の封鎖によって詳細不明となりながらも後に《大消失》と呼ばれるようになったその事件より5年後、《大消失》によって恋人を失った女性が未だ封鎖中のニューヨーク跡地に足を踏み入れるところから物語は始まります。彼女は歩き続けるのです。恋人と出会ったハイスクール時代の記憶を思い出しながら、ニューヨークに住んでいた人々の思いに触れながら。マンハッタンにあるトレヴァータワー、正式名称エンパイアステートビルⅡを目指して。

…そして同刻。リリィ・ザ・ストレンジャーは目覚めます。リリィという名前と、果てにある「紫影の塔」を目指さねばならないという目的の記憶のみを持って。
そこは地下。歪みながらも空があり、ニューヨークの町並みがあり、消失したはずの人々がいます。地上に存在しない、人々を襲って鉄に変える《御使い》なるものも。そして彼女は記憶の通りに果てを目指します。自分に従うと言う青年「A」と共に、1輌だけの地下鉄に乗って。それに意味があるのかすらわからないまま。


軽いあらすじのつもりが長く…。とりあえず人物紹介へ。
・「エリシア・ウェントワースCV.野月 まひる(現代)、桜川 未央(過去)
ライアーソフトHPへ!

主人公その1。地上の主人公。左目が黄金瞳。
自身の開発した多脚式歩行鞄「ジョン」と共に廃墟を歩く女性。恋人「アラン・エイクリィ」を《大消失》で亡くしており、彼の足跡を辿るために立ち入り禁止のニューヨーク跡地へ入り込む。
アランと出会った6年前は純粋で引っ込み思案な性格だったが、彼の死後は女としての人生を捨てるかのように勉強へ打ち込むようになった。地の優しい部分が変わっていないとはいえ、いかに彼の死が影響を及ぼしたかは想像に難くない。ちなみに過去の彼女は章が終わるときの過去話で見ることができます。とても可愛い。

・「アラン・エイクリィCV.????
エリシアの恋人。比較的親しい学友「セルヴァン」の先輩であり、6年ほど前に彼の紹介でエリシアの家庭教師となる。常に目が死んでいる。
名門と名高いイェール機関大学の学生であり、碩学(学者)。エリシアらと友好な関係を築くも、エジソン卿に引き抜かれてニューヨークへ移住。トレヴァータワーで彼の極秘実験に携わる事に。その後も電信通信で連絡を取り合うなど交流は続いていたが、《大消失》で死亡したものと思われる。

・「リリィ(リリィ・ザ・ストレンジャー)CV.かわしまりの
ライアーソフトHPへ!
主人公その2。地下の主人公。異形の地下世界を旅するストレンジャー。
ニューヨークの《地下世界》、アンダーグラウンド・ニューヨークで目覚めた少女。一章においては男装している。ずっと男装でもいいのに。
どこから来たのか、ここがどうなっているのかを始めとする記憶のほとんどが欠如している。覚えているのは「果てにある紫影の塔を目指さなければいけない」というもののみ。とはいえ日常生活に支障は無く、常識も身についている。
性格は小さな男の子のような意地っ張りが混ざった女の子。正体不明ながら自分に付きまとうAに対しては厳しく当たるものの、嫌ってはいない。
…わけあって、自分で服を脱げない。

・「ACV.古河 徹人
浅黒い肌に赫い目をした素性不明の青年。常に車掌服姿。リリィに付き従うと宣言し、1輌だけの地下鉄と共に彼女をサポートする。自身を人間ではないと称する。
何においてもリリィを優先し、身の回りの世話も(彼女に嫌がられながら)率先して行う。リリィの知らない知識を有するものの妙なところで常識に疎く、着替えの時に平然とリリィを脱がせようとしたり入浴時に体を洗ったりしようとする。日常生活だけでコント。彼曰く「リリィは自分にとって仔猫のようなものであり、仔猫に欲情する人間はいない」とのこと。


では全体的な感想を。
今回のソナーニルは女性主人公という事もあってか、だいぶ少女漫画(ほとんど読んだ事が無いのでイメージ)といいますか童話チックな作品だと思います。同じ女性主人公でもセレナリアやシャルノスとは違った毛色。地下の主人公はお姫様とその騎士のようなイメージであり、人々との触れ合いと襲ってくる怪物との戦い。地上では恋人を亡くした女性主人公ひとりが人々の遺した想いに触れつつ、自身の失った人の事を想いながら誰もいない廃墟を歩く。まあ、本質的にはそう違いがありませんけどね。表現の仕方と言いますかなんと言いますか…。
そして地上と地上がリンクしているんですよね。体験版をやってもらえればわかるのですが、リリィが出会った人たちが地上に遺してきた物にエリシアが触れるといった形です。これでニューヨークの人々が何かを大切にしていた事、しかしそんな彼らがもう地上に存在しない事が強調されています。副題である「What a beautiful memories」そのものです。
ああ、エリシアと言えばやはり一人旅は独白と心理描写の多い作風とよく合っていますね。たったひとりでも声が極端に少なくなるなんて常識は通じません。独白の多いこと多いこと。
そしてリリィとA。日常生活だけでコントです。主にAのせいで。知識はAの方があるのですが、どうにも常識に欠けていて。そんな彼に振り回されるリリィが可愛いです。けれども振り回されるだけでなく旅をしていくうちに確固とした自分など精神的な意味での強さを身につけていって…。
ついでにこのシリーズ全体のものとして、表に出る出ないは別として設定がすごいんです。作中はもちろんコラムのほんの一文、果てはファンアート企画のコメントまでが実は設定だったり。セレナリアの時点でザ・ガイドが設定集の面を持っていましたが、時間を重ねるごとにどんどん増えています。こうした設定を見るだけで色々と楽しめる私としては、なんとも素晴らしいものとなっています。願わくば、更なる設定収集と物語のためにも絶版状態のソナーニルノベルブックが再販されて欲しいのですが…。


そして毎度毎度ながら個人的に引っかかった部分を。
まずはシリーズ恒例の人を選ぶだろうとか各章限定のキャラがもったいないだの以下略。
次にシリーズとして見てるとですが、どうしても設定の似通ったインガノックと比べてしまう事。具体的には「繁栄から急に絶望の閉鎖空間へ」「そこに現れるまともな手段では手出しできない敵」などなど。あちらと違いソナーニルには記憶退行が伴うことによって「悲劇」としての要素が薄れていますけれど。私にとってインガノックが今のところシリーズで最高に素晴らしかったせいで(おかげで?)、どうしてもソナーニルがいくらか霞んでしまうような…。
あとは完全な主観であって好きな方には申し訳ないのですが、王族や貴族など…とにかくひたすら一人を(今回の場合は女主人を)持ち上げる系の話が苦手な人にはあまり合わないと思います。なんと言いますか、Aのリリィに対する姿勢がどうも男視点で見ると気障ったらしい部分があるのです。うまく説明できないのですが女性に受ける作品でよくあるようなものといいますか。こういうところがシリーズで一番女性に人気と言われる由縁なのでしょうか。とにかく非常に曖昧なものとなってしまいましたが、ええ。まあそのような。私の場合、普通のエロゲ等でも姫様や女貴族キャラがそれほど好きではない事もあるのでしょうね。ああ、とはいえ男尊女卑とかそういう意味ではなくそもそも普通のエロゲは女性から見ると…どうでもいいですね。はい。


なんだか最後にわけのわからない事になってしまいましたが、とにかく今回はここまで。色々書きましたが、今回も面白いと感じさせてくれる作品でした。ありがとうございます。
思えばこの作品の発表・発売は私が本格的にツイッターを始めてしばらく経った頃でしたか。壁紙やアイコンで見かけたのを覚えています。当時はほとんど知らなかったのでスルーしてしまいましたが。なんだか懐かしいです。それではまた。以下はネタバレを含む考察なんぞを。
紫影のソナーニル -What a beautiful memories-紫影のソナーニル -What a beautiful memories-
(2010/11/26)
Windows

商品詳細を見る
タベモノクレヨー。
ノミモノクレヨー。
ネタバレアルヨー。
ノベルブッククレヨー。
考察など。一部、ネット巡回で拾ってしまったノベルブックネタを含むかもね?



ソナーニルについて
まずはタイトルの元ネタから。H・P・ラヴクラフト作「白い帆船」より「ソナ=ニル」という土地。相変わらず夢の国(ドリームランド)ですね。ちなみにスチームパンクシリーズでは未知世界に白い帆船があるとかないとかヤーロが乗ったとか乗っていないとか。
ソナ=ニルとは果ても無ければ苦悩も死も無い夢のような土地です。住んでいる人々も皆幸福で、訪れた主人公らもまた然り。主人公らはここで長い時を過ごしましたが、元々目指していた場所を目指すためにこの土地を離れます。地下世界も《御使い》という異物以外に死の無いという一見すれば人類の永遠の夢を表したかのような土地ですが、まあ知っての通り「苦悩あり」「死んで逃げる事ができない」という地獄のような場所ですね。地上は言うまでも無く…。創造主らしく皮肉が篭っています。
あとは旅人。先述の通り元ネタでは旅の途中でソナ=ニルに寄った訳ですが、つまりはストレンジャー。帆船と地下鉄という違いはあれど、同じようなものです。

ロード・アヴァン・エジソンについて
・彼の正体について
OPムービーでのエジソンならざる紹介、チク・タクという口癖、Webノベルにて「機械仕掛けの神」との表記、彼を奉じる《血塗られた舌》の「時を這い寄るもの」というセリフ。更には前の作品ヴァルーシアの頃から「《時間人間》(チクタクマン)」と呼ばれていることからほぼ間違いなくナイアルラトホテップ。特に化身のひとつ「チクタクマン」が色濃く出ているものかと。
チクタクマンとは機械の体を持つ(人工知能のようなものとも)ナイアルラトホテップで、核など高度な技術力を学者に与えながら最終的に滅びの道を突き進ませる存在です(恐らく初出はTRPG。「湖の隣人の小屋」というサイト様にて「アイ・ドリーム・オブ・ワイヤーズ」という短編が要約されておりますので、興味のある方は御覧ください)。まさに数多の発明により碩学の王して君臨し、最後は現実を捻じ曲げる現象数式を以って《大消失》を起こした彼はそれを体現しているでしょう。現実にも発明王と呼ばれるエジソンとの相性はばっちりですね。
ちなみにジャガーマン曰く「三世の書に記された"あちらの神"」。すなわちこの月の王は黒の王と違って史実(電力文明の発展した我々の世界)から時空を渡って現れた存在。なるほどやっている事が我々の知るナイアルラトホテップそっくりです。「あの御方の依代」とも呼ばれていますが、あの御方とは《総帥》アルトタス=トート=ヘルメースでしょうか?ジャガーの旦那が「御方」と呼ぶのは彼の属する《結社》の総帥、自分を拾った《黄金王》ローゼンクロイツ、そしてこのエジソンくらいしか思い浮かびません。
ついでに言ってしまうのであれば、(ノベルブックにあった情報なるものの断片を聞いていたから気づいたのですが)ファンアート企画に対するコメントにて「時空(ヨグ=ソトース)さえをも司る時間人間(チクタクマン)の名の下に」というものがあります。即ちこれは時空を司るヨグ=ソトースさえをも取り込んだとも考えられます、が。
更に更にではあるのですが、ジャガーマンの項にも若干の補足があります。

・彼の所業について
Webノベル3話の3ページ目によれば
「数式の秘儀修めた碩学」…蒼天のセレナリアの《大数式》C=G・バイロン
「異邦の積層都市の太守…赫炎のインガノック大公爵アステア
「並ぶものなき勇壮なアデプト…白光のヴァルーシアの三代太守マールート(ザハカ・アシュディハカ)
を狂わせたと。思いっきりシャルノス以外の黒幕ですね。

・《機姉妹》について
外見と名前でなんとなくわかるかと思いますが、元ネタはエジソンの発明品ですね。
フォノグラフ…蓄音機。
キネトロープ…キネトスコープとも。壁に映し出すのではなく、機械を覗き込む形の映写機。後に改良型のヴァイタスコープを作成。ちなみに撮影機の方はキネトグラフ。
バルブガール…light bulb=電球。つまりは白熱電球。ちなみにこれはエジソンが一から作ったものではなく、改良したもの。フィラメント(実際に光る部分)に適する素材を探し続け、辿り着いたのが京都の竹。


ジャガーマンについて
・彼と彼の神について
遂にルチアーノと戦う場面になった時、《時間人間》を奉じておりアレクサンドリア機関図書館(ゲームパートのあれ)の記録を任されていながらも彼に不可解な復讐しようとしていたのを覚えているでしょうか。一見するとルチアーノの言う通り狂ったようにしか見えませんが、一応きちんとした理由があります。
一言で言ってしまうのであれば、もはや現代に存在しないジャガーの神たるテスカトリポカはナイアルラトホテップの顕現の一つである可能性があるのです(もちろん後付け設定です)。であるが故に、恐らく「自身の神を敬う心」と「我らが神テスカトリポカを演じるのをやめたのか」という想いが混ざっていたのでしょう。正直なところ、本当にナイアルラトホテップがテスカトリポカなのか、そうだとしても《時間人間》の方の混沌なのかという疑問が付き纏いますが。
このアステアの神は生贄を求める神であり、ナイアルラトホテップと結び付けられる以前にも多くの側面を持っていると言われるそうです。ちなみに関連付けられたのはTRPG「マレウス・モンストロルム」という本が発祥らしく…というところで何か引っかかると思ったらあの方程式の本と同じじゃないですかー!


博士について
ゲームパートのワシントン・ポスト紙に登場する博士。記者と共にニューヨーク跡を見て回り、惨状についてコメントした彼らが誰なのかを少々考えてみようかと。学者とか苦手なんですけどね!軽く調べましたよ!

・A博士。カダスより訪れた《西インド会社》の一員であり、《大消失》に巻き込まれたアインシュタイン卿の親族。ヴェラザノ担当。
少なくとも私には不明。アインシュタイン卿の息子ハンス・アルベルト・アインシュタインは(人や物事によっては史実と大幅なズレもあるとはいえ)1904年の生まれであるため除外。
カダスからというのは親族の誰かが西享からカダスに渡ったのでしょうか。

・B博士。ブロンクス担当。そもそも詳細な情報無し。

・C博士。パリから訪れた碩学。放射線研究の第一人者。ロングアイランド(クイーンズブリッジ団地)担当。
放射線にパリという事はキュリー夫妻?夫のピエール博士がフランス出身、妻のマリ(マリア・スクウォドフスカ=キュリー)博士もポーランド出身とはいえ結婚後は夫と共にパリで研究をしていたようですし。ちなみに夫人の方はシャルノスの公式サイト「世界観・キーワード」の「空の"隙間"」コラムにてインタビュー記事が書かれています。《万能王》から大量のピッチブレンドと緑の石が送られてきて困っているとか。
もしくはヴィルヘルム・レントゲン博士あたり?第1回ノーベル物理学賞受賞者ですから夫妻よりこちらが第一人者として有力な可能性も?ただしドイツ出身なのでその点では説得力が劣ります。

・D博士。カダスより訪れた碩学で、メスメルの第一人者とさえ言われる。常にメモを取っていた。ウォール街担当。
メスメル学(心理学)の第一人者と言えばそのまんまメスメル博士ですが、彼が初代を務めた称号《精神公》は今や四代目のユング卿が受け継いでいるので除外。となるとユング卿?いずれ彼と決別する事になるフロイト卿も可能性があるでしょうか。
もしくはヘルマン・エビングハウス博士も候補に入るでしょうか。彼は記憶の忘却に関する「忘却曲線」なるものを提唱していて、記憶という研究は即ちD博士がメモを取り続けていたという記者の指摘に合致するかもしれません。
ただ最大の難点として、D博士はA博士と同じくカダスから訪れているんですよね。もちろん西享からカダスに渡って帰ってきた可能性もあるのですが、架空であるカダスの人を出されてしまうとなんとも言えません。

・E博士。《大協会》の国内碩学。エジソンの弟子のひとりであり、常にガスマスク状の仮面で顔を隠し続けていた。ブロードウェイ担当。
少なくとも私には不明。とある理由から、《電気公》とも《電気王》とも呼ばれるニコラ・テスラは除外。

・F博士。神聖都市ローマの大碩学であり、碩学協会の幹部。博士の中で唯一明かされた名はローゼンクロイツ。セントラルパーク担当。最後に緑の石と思われるものを石となった床に投げ捨てた。
ブロッケン・ローゼンクロイツ。二代目の十碩学第二位《大数式》であり新たな《結社》総帥代行であり、《黄金王》とも。機械演算を用いたクロイツ式《回路》の提唱者で《結社》主流派の主でもあるとか。元ネタは中世ヨーロッパから伝わる架空の魔術師。「ブロッケンの妖怪」で知られるブロッケン山の近くに生まれ、薔薇十字団なる秘密結社を作ったと言われるたそうで。
ちなみに彼の発言によれば黄金螺旋階段はローマにあるそうです。喝采せよ。


その他
ちょこちょこと。
・リリィが最初に男装していたのは、エリシアとリリィが繋がった事からエリシアがアランを喪失してから女性としての自分を捨てていたからと思われる。

・エリシア・ウェントワースの大叔父について。彼からの使者が「フランクリン様」と言っていたように、恐らくは《雷電公》ベンジャミン・フランクリン。雷の中で凧を揚げて雷が電気であることを証明したり、避雷針などを発明した人物。公式ブログのコラムによれば碩学にして政治家であり、今のフランクリンが本人ならば不可解なほど長命であり、エジソンと共に合衆国憲章を作ったりブロードウェイに劇場を持っていたりしたと。…恐らくはジンジャーとサムのいたフランクリン劇場。
そして物語は黄雷へ。

・《大消失》はこれだけ大きく異常な災害であったのに、時が経つにつれ不可解なほど話題に上がらなくなる。これは《時間人間》を奉じるヘンリー・フォード卿が世界中に「ニューヨークの事を考えられない」という《大心理迷彩》をかけていたため。大多数の人はニューヨークについて深く考えることができず、それを不思議にも思わない。

・メモリーについて。ジャガーマンによれば、現実ならざる地下世界の住人の攻撃は《時間人間》に効かず、唯一現実の存在である自分が必要だと言う。個人的にはギーが現象数式を「幻だ」と断じたのを思い出しました。すべて。そう、すべて。あらゆるものは意味をもたない。

・《御使い》がネコビトを攻撃しない理由について。変異した猫が地上のウォール街にも存在するから?それともラヴクラフトの「ウルタールの猫」に登場する「猫を殺してはいけない」という法律に重ねている?

・言葉によって相手を縛り付ける魔女のわざ。ルチアーノも(ジャガーマンも?)持っていて、《時間人間》が与えたものだとか。高度な思考と言語によって存在を変質させるハウプト式《回路》及びその劣化であるメスメル式《回路》を始めとした心理系の技術と似通った部分が感じられます。というよりも、ハウプト式《回路》は魔術から発展したものであるのでその大元?

・シュトレゴイカバールについて。Webノベルで《時間人間》と戦士が戦っていた場所ですが、元ネタはロバート・E・ハワードの「黒の碑」。爆発した鉄塔はタイトルの碑そのものです。青心社の「クトゥルー(3) 暗黒神話大系シリーズ」で読めます。

・本当に小さなことですが、Aに多い過去作ネタ。「食事の時間にしようか」や「……喚くな」「そういうこともあるだろうし、そうでないこともあるだろう」「だから……。僕はこう言おう」など。
あとは「アステア気取りで犯人探し」と評された「東の赤王」アーネスト・ヘミングウェイがリリィに命令した遊びもインガノックの大公爵アステアネタ。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://liberregis.blog119.fc2.com/tb.php/52-d11a4316

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。